大阪北堀江の旅館設計デザイン事務所 プロセスファイブデザインの有馬温泉 ねぎや陵楓閣 兵庫県

有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN
  • 有馬温泉 ねぎや陵楓閣,旅館,2010,兵庫県,設計デザイン,PROCESS5 DESIGN

サムネイルをクリックすると大きな画像が見れます。

Concept

楓のレイヤーが重なるプライベート客室

兵庫県の温泉郷「有馬温泉」。その温泉郷に宿を構える老舗旅館「ねぎや 陵楓閣」の客室リニューアルの計画である。「陵楓閣」という名称からもわかるように、この旅館は野生の楓を避けるように複数の棟によって構成されている有馬の楓と共に歩んできた旅館である。
設計を進めるに当たり、長い歴史を共に歩んできた「楓」というブランディングの軸である部分を今後より強いものとするきっかけとなることと共に、お客様が気兼ねなく過ごして頂けるプライベートな時間をコンセプトとした。


具体的には、眼下に広がる楓の絨毯がひかれたような美しい風景が客室の特徴になると初めて旅館を訪れた際に感じたため、空間は黒子と徹し開口部から望む風景を切り取り、この風景をより近くに望むことができる開口部周りを「プライベートエリア」として設定し、平面計画を行った。また、空間の作り込みによるハード面のプライベート感だけではなく、仲居によるサービスつまりソフト面からもより強いものとすべく、与えられた空間を二つに割り「パブリックエリア」と「プライベートエリア」に完全に分け、パブリックエリアに入ることのないサービスを行うことをソフト面として提案した。そうすることで私物やベッド周りなど仲居に宿泊客の方があまり見られることを好まない部分を見られることなく、限られた時間ゆっくりと自由に客室で過ごすことができると考えた。
この二つのエリアは楓柄の木製建具によって間仕切られている。部屋出しの食事の際は眼下の風景と楓柄の建具がレイヤー状に食事シーンの背景として浮かび上がる。また、アイレベルが一段上がった和室から建具を開け放つと眼下の楓の絨毯といった具合に楓のレイヤーが客室内で重なり合い、楓と共に歩んできた旅館のブランディングをより一層明快なものとすると同時に楓をテーマとした部屋として客室の個性が宿泊客の方の記憶に刻まれる。


今回の客室リニューアルにより、旅館の特徴、立地条件を最大限引き出した特徴のある客室、宿泊客の方が日々の雑踏をひと時忘れゆっくりとした時間を過ごしていただける客室がハード面、ソフト面共に提案できたと感じている。


Private guest rooms with layered maple


“Arima Onsen,” is a hot springs resort in Hyogo Prefecture. This proposal is of a guest room renewal in an old established hotel “Negiya Ryofukaku.” As the name “Ryofukaku” suggests, this hotel is made up of several buildings so as to avoid interfering with the wild maple and has been coexisting with the Arima maple.


In proceeding with the design, we wanted to more strongly appeal to the “maple,” as the core of the branding, since the maple has been a close partner of the hotel for many years. At the same time, we have incorporated the concept of privacy in which the customers can relax and feel at ease.


Specifically, the first impression when visiting the hotel is the beautiful scenery of the guest rooms overlooking the maple carpet, as it were. Thus, the floor planning was made transforming the space so that the desired scenery is cut out from the opening, setting as a “private area” the area surrounding the opening where the scenery can be enjoyed in close proximity. Also, we divided the given space into 2, namely the “public area” and “private area,” so that the sense of privacy can be felt not only structurally, but more strongly in a personalized manner through services provided by the attendants, making such services not offered in the public area available. By so doing, personal effects and the area surrounding the bed which guests prefer to keep private, will not be seen by the attendants, and the guests can leisurely spend their limited time in ease and comfort.


These 2 areas are partitioned off by a maple design wooden sash. During the meals provided in the room, the combination of the scenery overlooking the room and the maple design sash appear layered, providing an impressive dining background. From the Japanese room where the eye level is one level higher than conventional, the maple carpet can be seen right below your eyes as the sash is opened, providing a layered viewed of the maple from the room. This atmosphere makes the branding of the hotel with a long history with maple more evident, and the guest room with the maple theme leaves a memorable impression on the guests.


From this guest room renewal, we have utilized the characteristics of the hotel and its location to the maximum extent. We also feel that we have provided both formal and personalized proposals for the rooms which will enable the guests to forget the hustle and bustle of their daily lives and to spend a relaxing moment.

Data

有馬温泉 ねぎや陵楓閣

竣工日:
2010年
主用途:
旅館
所在地:
神戸市北区有馬町1537-2
床面積:
163.26m² | 49.39坪
総工費:
4000万円 | 設計料込
施工管理:
淡河
照明計画:
ウシオスペックス
インテリアコーディネート:
福井連子
写真撮影:
下川大輔 ナカサアンドパートナーズ
リンク:
オフィシャルサイト